6月なので6にまつわる何かの話

今回は何処かの冠婚葬祭業者みたいな話になりそうですが(笑)、関係ないです。

単なる連想ゲームみたいなものとしてみてください。

まずは20年くらい前に遡って。

足しげくCD屋さんに通っていた頃、試聴してこの子をゲット!

img_6720
まだ輸入盤しか出ていなかったけど、この曲が超有名になってしまった。

(日本語で歌っているバージョンもります)

見た目のかわいらしさとクセのある声が同居している感じです。

さて、バンド名にも使われている6ペンスとは⁉︎

イギリスで使用されていた硬貨で、今では結婚式の際、新婦さんの左の靴に忍ばせると幸せになれるそうです。

結婚式で用いられるようになった起源はマザーグーのサムシングフォーの歌らしいですが。。。

ちなみにバンド名sixpence none the richer は、

『ナルニア国物語』の作者としても知られるC・S・ルイスが、その著書『キリスト教の精髄』(“Mere Christianity”)の中で用いた例え話に由来しており、

「小さな子供が、父親の誕生日プレゼントを買うために、父親に6ペンス(シックスペンス)のお金を求める。

父親は子供にお金を与えて、そのプレゼントに喜ぶが、それによって父親が6ペンス分の得をしたわけではない。

これは、キリスト教における神と人との関係を説明するためにルイスが用いた」

例えが由来だそうです。

この例え、どう解釈すればいいのかよくわからない。

さて、話しはがらっと変わり死後直後の世界へ。

同じ6でも六文銭というのは副葬品として死者に持たせるもので、三途の川の渡し賃だそうです。ないと服を脱がされるとか…

六文銭といえば、真田家ですね。

(昨年の大河ドラマの題材は真田丸でした。)

家紋に六文銭を用いていたのは、戦場に於いても死を恐れないという気概を示していたのかもしれない。

では、なぜ六になったのか?

地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人、天の六道輪廻の世界に由来しているからだとも言われます。

ちなみ、他の国にも冥銭はあって、大金を持たせるところもあるそう。
死後の世界ではお金に苦労したくないものです。

かなりこじつけた感ありますが、今日はここまで。

広告

ふじとばら

約1年ぶりの更新となります。

書きたいネタがなかったわけではなく、あれやこれやで頭の中の整理がつかない状態が続いていたのでお休みしていました。

さて、復活第1弾のお話は…

加治木まんじゅう、滝、花の香り、バラ、点と線、磯、アルケミストなど思いついたのですが今回は”ふじとばら”で。

今年の春先は今までになく花を見た年になった。

まずは5月初旬、霧島市の和気公園に咲いていた藤まつりより藤の花。

白い藤
藤棚

藤まつりは初めて訪れたのですが、

見栄えもさることながら花の香りが心地よか。

意外と外国からの観光客が多いことに驚き!

続いて、鹿児島市錦江湾公園に咲いていたバラの花。

Rose


バラといえば、the rose

優しくも力強い。

あとは、情熱の薔薇も。

答えは心のずっと奥の方にある。

まだ見えてないけど。

Hackensack

久々の音楽ネタ。

アラフォーの私が学生だった頃、CD屋に足繁く通っていました。

当時からお金は無くとも月に1枚は洋邦問わず、何かしらアルバムを買っていたなぁ。

そんな中から、特に好きな曲をセレクトしようかなと思います。

今回は”Hackensack

まずは世界のKaty Perryバージョンから。

MTV unplugged にて。

こちらはリメイク(カバー)になります。

オリジナルはこちら。

アメリカのパワーポップバンドFountains of Wayneが2003年に発表したアルバム

『Welcome Interstate Managers』に収録されています。

(Stacy’s Momという曲が有名。)

 

このアルバムのおかげでグラミー賞の新人賞にノミネートされていました。

ちなみにこの曲は

「学校で好きだった女の子が大人になって有名になってどこかへ行ってしまったけど、またハッケンサックに帰ってきてほしい」

という内容だそうです。

哀愁漂っていて大好きな曲です。

地名を変えればこんなシチュエーションに当てはまる方、結構いそうですね。

彼らのことは前作の”Utopia Parkway”の頃から知るようになり、CDも持っています。

曲中に出てくる主人公がダメキャラばかりなので(笑)、

名曲ぞろいなので語りたいことは多々ありますが、改めて。

重富 Ⅱ

「いま、限られた条件のなかで一番会ってみたい人は誰なのか?」

「今後の私はどうしようかな?」

と自分の心のなかに問うたところ、出てきた答えはここ。

sakurajima@sigetomi
Sakurajima@Sigetomi

姶良市重富在住の書家テツロウハナサカさんのところへ。

お互いこれまでの人生を振り返ったり、今後にむけて方針を模索したりしたところでした。

前回のCD制作から3年半前になりました。

「しあわせのはな」

 

「ありがとう」

 

「土ある暮らし」

さて、そろそろ次の動きへ突入しようかなぁ。

今すぐどうこうするというわけではないけれど、

下準備というか下ごしらえする期間に入ったのかもしれない。

DSC_2799
自然農

大きな変化の前には大きな苦しみが待っている。

でも、各人には神様がついている。

そして、物事を宇宙からみれるようになりたい。

 

溢れる愛 Lotta Love

4月に入り、大きな事故や事件、災害が多発しており、私の住んでいる鹿児島でも桜島がいつ大噴火する(または大地震がおこる)のではないかとヒヤヒヤしている今日この頃。

夜になると変な不安に襲われているようで、明日はわが身かもしれないのは覚悟しています。

話は変わって、前々から好きな曲ではあるのですが、曲名と誰が歌っているのかわからなかったのがあって、最近になって曲と歌手がようやく判明しました。

このバージョンの声質と演奏がなんとも言えない。

Nicolette LarsonのLotta Love

ときどきラジオで耳にするけど、いつも曲名を聞き逃していたので、ようやく長年のもやもやが解決された。

ただ、惜しいことに彼女は1997年に45歳の若さで他界しているそうです。

そして意外な発見も。

元々は大御所Neil Youngが歌っていたそうで、さらに驚き。

歌詞は以下のとおり。

It’s gonna take a lotta love
To change the way things are.
It’s gonna take a lotta love
Or we won’t get too far.

So if you look in my direction
And we don’t see eye to eye,
My heart needs protection
And so do I.

It’s gonna take a lotta love
To get us thru the night.
It’s gonna take a lotta love
To make things work out right.

So if you are out there waitin’
I hope you show up soon,
‘Cause my heart needs relatin’
Not solitude.

Gotta lotta love
Gotta lotta love.

It’s gonna take a lotta love
To change the way things are.
It’s gonna take a lotta love
Or we won’t get too far.

It’s gonna take a lotta love
To change the way things are.
It’s gonna take a lotta love
Or we won’t get too far.

溢れんばかりの愛をください。

中村てつろうを追う。

一部地域で話題となっている中村てつろうさんを追ってみた。

 

昨年12月2日、1 St Single『しあわせのはな』をリリースしたばっかりの彼であるが、かねてから噂はあったものの、 9月初旬、とある筋よりCDを制作しないかとうい話が正式に持ち上がり、あれよあれよというまに完成、12月2日発売となった。

CD情報についてはこちらをクリック

ここでは彼の活動報告をします。

12月2日 生命のまつり(鹿児島市・ライオンズ広場)で発売開始&ライブ。

降りしきる雨の中、待ちに待ったCDお披露目となった。

PC021387PC021778

12月19日 「ARTSのHigh Time Radio!」(FM鹿児島21:30~21:55)にゲストとしてフル登場。

PC081843

12月23日  チチビスコでCD発売記念パーティーが盛大に行われた。

PC2321163OLYMPUS DIGITAL CAMERAOLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月26日 ルツボックス3畳ライブ。

PC272529

12月27日  日置市・永吉歳の市にてCD発売ならびにライブ。

PC2725343

PC272536PC272583 OLYMPUS DIGITAL CAMERA

12月28日  かごしま食の家族 餅つき会場にて。

PC282599OLYMPUS DIGITAL CAMERAPC282616PC282644

2013年1月1日  ホームレス支援の為の炊き出し会場にて、今年の歌い始め(写真なし)。

今後の予定

1月19日 枕崎のライブハウス「SHELTER」にてオープニングアクトとしてライブ出演。

日時:2013年1月19日(土) 会場:LIVE BAR SHELTER(〒898-0011枕崎市緑町4)

開場:19:00

開演:19:30

料金:1500円(1drink free)

出演:bingo・中村てつろう・さち・えびぞーユニット・コジマサトコ×コカリナゆか・CHI-ZOU・second hand stores・BON DX

予約・問い合わせ 0993725770(SHELTER 20:00~) shelter@po2.synapse.ne.jp

こんな感じで活動しています。

いろんなところでライブも精力的にこなしていますYO♪

今後とも、よろしくお願いいたします。