613号

私が鉄道好きになったきっかけ。

それは、鹿児島市内には大正元年から路面電車(通称鹿児島市電)が走っているから。

写真の車両は600形613号。

鹿児島市電613号
鹿児島市電613号。1日数本の鹿児島駅前発中央駅前経由谷山ゆき。

製造は昭和37年で現役の車両の中では古参の部類に入ります。

私が昭和54年生まれなので、

生まれた頃にはすでに17年ほど走っていたということになる。

それでも当時は新車の部類に入っていたと思う。

ちょうど車両の冷房化が始まっていた頃だったかなぁ。。

私が小さかった頃は

460形2両、

500形15両、

600形16両、

700形4編成

800形32両(元大阪市電、現在9500形)

いたそうで、現在は廃止された伊敷線と上町線も含め走りまわっていた。

鹿児島市電の車両は黄色と緑という配色なので、

かぼちゃ電車

とも呼ばれたりしている。

 

最近になると、鹿児島市民には馴染みが薄いのだけども、

同形の一部車両の配色が黄色が濃いオレンジ、緑が濃い緑で、

東海道線や山陽線で走っている湘南色っぽいのもいる。

613号
613号。2系統郡元発中央駅前経由鹿児島駅前行き。

見た目はバリアフリーではなく、古臭くも感じるようですが、

履いている台車が(路面電車では珍しい)空気バネ式なのもあって、

乗り心地はすごくいい。走行音もかなり独特。

ただ、手入れがすごく大変だそうなのでいずれは引退の時期がくるのでしょう。

新形車両が多く走っているなか、旧型の車両が走っていることが減っているので、

(昔は当たり前にいたのでなんとも思わなかったけど)

今となっては乗れてラッキーだと思う。

広告

思川橋りょう

今回は鉄道ネタまとめ。

先日、重富のテツロウさん邸を訪れた際に、

姶良市の思川にかかる鉄橋(思川橋りょう)を通りかかった列車も撮ったので撮って出しします。

まずは、佐土原(宮崎)行き電車。この佐土原行きは1日1本です。

JR九州近郊型電車817系
JR九州近郊型電車817系

817系は普通列車では珍しい、本革シートと木を使った座席。

乗ったことはありますが、座り心地は固めなので、まさに近距離向きでしょうね。

(鹿児島県だと、鹿児島中央〜国分、または川内くらいまでなら耐えられるかなぁ)

 

こちらは国分行き気動車。国鉄時代からの生き残り、キハ47 & 140系。

JR九州キハ47 & 140系
JR九州キハ47 & 140系

昔ながらの味のある車両ですね。

乗り心地は線路の状態(保線の状態)によって変わります。

 

こちらは過去の写真になります。

817系4連
817系4連。1日1本、17時前にみられました。

実はこの編成、今となっては貴重なものとなりました。

とういうのは、鹿児島地区において3月のダイヤ改正より列車の編成が大幅に変わったから。

鹿児島中央〜宮崎行き列車のうち、一部が都城で運転系統が分離されたそうで、

415系電車が都城まで運用するようになったせいか、

これまで見られた817系4両編成(2両 1ユニット×2つクロス転換シート車)が415系(4両1ユニット、ロングシート車)に変更。

同時に朝の名物列車、都城発鹿児島中央行き817系6両編成も415系4両編成に変更。

かつては475系6両(3両ユニット×2)、717系6両(2両ユニット×3)という編成もいて見ごたえあったそうです。

最後に、白銀坂から重富駅に信号停車中の783系ハイパーサルーン5両編成。

こちらは1日2本です。

883系ハイパーサルーン。重富駅信号停車中。
783系ハイパーサルーン。重富駅信号停車中。

787系など、抜けている列車もありますが、それらは後日。

個人的には、撮り鉄というより鉄道旅行したい。

いわゆる、乗り鉄・・・ていうやつです。

放浪記第一部。

今日の鹿児島の天気は久しぶりに旅に行きたくなるようなすばらしい青空となっています。

DSC_4662

「旅に出たい」

と思っている私ですが、ほとんど遠出ができなくなってしましました。

代わりに、今年に入り昔の旅の記録から本サイトへ原稿を引っ張り出す作業を地味に(笑)しているところです。

 

とりあえず、第1部九州北部編の編集は完了とうことで、

ここをクリック

すれば、昔の記憶が引っ張りだされます。

残りの記憶はなんとか今年中に完成させたいところです。

では。

嘉例川Ⅱ

先日、霧島神宮に行った時の続きです。

前回訪れたのは、昨年の春(こちらをクリック)

この時は、春先の午前中だったけど、

今回は秋の夕暮れ。

季節的にも時間的にも対極なのをねらったのか、思いついたのがたまたまそうなってしまった。

嘉例川に行きたくなった。

まずは、霧島神宮から霧島温泉街に抜ける途中にある丸尾の滝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国道223線沿いでも紅葉がすすむ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

坂本龍馬、お龍夫妻が新婚旅行で訪れたという塩浸温泉を過ぎ、いよいよ目的地へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

嘉例川駅肥薩線が観光路線として有名になる前、というより開通時(1903年)からすでに存在しており、駅舎自体は今年て111年ということになる。

嘉例川の3つ先にある大隅横川駅も開業時の佇まいを残しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話が逸れますが、右上に飛び立つ飛行機。

意外と鹿児島空港の最寄駅なのでもあります。

時間的に「はやとの風」は見れなかったけれど、上下かから普通列車が来そうなので、しばらく待機。

今は1面1線しか使われていないホームだが、かつての鹿児島本線ということもあり、対面の元ホームと同様にホームの長さがかなり長い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは隼人行きの下り列車が到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

祝日とあって、乗降客はいなかった。

平日なら、通学の学生が乗降するのだろう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕刻の駅舎内はこんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、吉松方面行きの列車到着。

古い駅舎と、国鉄時代の車両が絵になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ななつぼし」とはいわずとも、まとまった時間とちょっとした資金があれば、また鉄旅をしてみたいものです。

機会があれば、昔の旅の記憶(文章)がどこかに残っているはずなので、ブログに残そうかなと思っているところです。

ではまた。

旧正月のころ。

8月9日は長崎に原爆が投下された日です。

初夏、久しぶりに長崎を訪れたのだけど、

2014年8月9日現在、平和な時間の終焉を迎えようとしている感がする。

世界を見てると憎しみがあらたな憎しみを生み出しているのだと思う。

悪い物を退治する発想がはばかっているけれど、

善悪について今一度考えていきたい。

A Gut Feeling 3rd edition

あけましておめでとうございます。

2014年としては早くも1ヶ月すぎてゆきましたが、旧暦(中華圏)では1月31日をもって春節ということなるので、この記事を書いている2月2日現在ではまだまだ新しい年を迎えたばかりのはず。

かつて私が福岡に住んでいた頃は必ずといっていいほど長崎まで足を運んでランタンフェステバル(春節祭)を見に行っていた記憶がある。
CA390140
写真は、昔の記憶から引っ張り出してきましたものです。

余談というわけではないけど、長崎を訪れた時は、中華街とはやや離れているのだが、浦上地区にも行くことにしていた。
というのは、今は亡き私の父方の祖父が浦上地区で原爆に遭っており、時代は変わりゆくも爆心地に行ってみたいという心情が働いていた。
祖父は(足の裏の負傷と心臓病を患いながらも)生きて鹿児島まで戻ってきた。
ただ、言葉にできない惨状であったであろう、祖父に一度も原爆について聞くことはできなかった。
あるいは敢えて避けたのかもしれない。心の傷を穿り返したくないから。
CA390105CA390109
年明け早々重い話になってしまったが、世の中の流れは危ないけれど多くの命を落とすようなことはしてはならんと思う。

さて、話はがらっと変わりますが、
ここ数年、西暦でいう年末から年明けにかけて体調を崩したり、いろんな物事が全然運ばなっかたりする。
西暦でいう新年を迎えても、なんとか形だけは正月らしいことをしているけど、気持ち的には沈んだまま年を越してしまう。
精神的に物事の運びが落ち着くのは旧正月を過ぎてからのような気がしてならない。
表面的には旧正月。。。あ、そうなんだ。。
なんて済ましているけど、中身(魂)としてはやっと年を越すことができたなって実感しているのであろう。

ひょっとして、アジア人というか東洋人が本来持っていた感覚なのかもしれない。
同じ人間同士、これ以上憎しみあうことはやめにしましょう。

元の投稿を表示

大隅横川。

10月14日は鉄道の日ということで、鉄道関係の記事を。

初夏に肥薩線嘉例川駅を訪れたことを書いたのだが、今回は嘉例川から吉松方面に3駅行ったところ、
大隅横川駅を訪ねてみた。
大隅横川駅駅舎は嘉例川と同様に肥薩線開業時の荘厳な佇まいをそのまま残しており、
国の有形文化財にも登録されている。
築年数はゆうに100年を越えている。

赤い丸形の郵便ポストも様になっている。
DSC_0840

DSC_0775
夏場に訪れたので、駅内にほおずきが飾られていた。
DSC_0796

DSC_0786

観光特急「はやとの風」入線。黒いボデーがおつだ。
DSC_0761
第二次世界大戦中に受けた機銃掃射の痕が柱にまざまざと残っている。
DSC_0777

DSC_0781

DSC_0791
島式ホームに使われている柱もずいぶん年季が入っていた。
DSC_0809
駅構内の様子。

列車のいない時間帯はひっそりとしていた。

田舎の駅の割には広い感じもあった。

かつては幹線として活躍した路線の名残なのか。
DSC_0819

DSC_0818
まもなく、次の列車到着。
DSC_0824
日南線用なのだろうけど、たまたま肥薩線で見かけた。
DSC_0825
柱に書かれた「吉松、栗野方面乗り場」の字体が良い。
DSC_0830
最後に、魚眼レンズを使って駅舎を撮ってみた。
DSC_0811
ゆっくり時間が取れたら、肥薩線全線乗り通したいな。

嘉例川。

一度は行ってみたかったけど、都合によりなかなか行けなかったところに行ってみたくなった。

平日の朝、ひとり電車に乗って鹿児島駅から北へ向かった。

20130527-081532.jpg

途中、隼人駅で乗り換えて目的地へ。

20130527-081750.jpg

列車は山の中を行く。

20130527-081911.jpg

目的地に到着。

20130527-082033.jpg

隼人町嘉例川駅。
2009年に全線開業100周年を迎えた肥薩線のなかにあって、現存する駅舎自体も開業した頃の面影を残している。

週末に来ても良かったのだけど、人ごみを避けたいのもあって、敢えて平日に訪れた。

20130527-083656.jpg

20130527-083717.jpg

20130527-083801.jpg

20130527-083849.jpg

20130527-083924.jpg

20130527-084509.jpg

20130527-084534.jpg

20130527-084605.jpg

何と言っても、駅舎そのものが絵になります。
重厚感と寂れた感がいい。

20130527-084336.jpg

20130527-085215.jpg

食べるところないだろうなと覚悟していたけど、
駅から歩いて10分程のところにお食事処があった。
野菜たっぷりですごく身体に優しかった。

20130527-085106.jpg

昼からは近くの山を歩いてみた。

竹の若々しいこと。

20130527-085409.jpg

実は鹿児島空港からも近いのです。

20130527-085513.jpg

まとまりがなくなってきましたが(笑)、はやとの風にも初乗車。

20130527-085956.jpg
乗り心地よかったです。

次の目的地へ。
続く。

尚、都合により、写真の画質粗くなっています。