霧島・高原 Ⅱ

前回の続き。

御池を訪れたら、霧島東神社(過去記事参照)へ。

霧島東神社
霧島東神社の本殿

新燃岳の噴火が治るように参拝した後、

時間がありそうなのと気になる看板を見かけたので、さらに東の方へ向かった。

道中、神武天皇像と記念写真が撮れるスポットがあった。

神武天皇像
神武天皇像

ちゃんと整備すればインスタ映えするのかも(笑)

さらに東へ進んだ。

若干道に迷ったものの、次の目的地に到着。

宮崎県高原町にある挟野(さの)神社。

御祭神は神武天皇。

第5代孝昭天皇の御代に神武天皇ご生誕の地にご創建されたのが始まりと伝えられている。
挟野(さの)の地名は神武天皇の幼名を狭野尊(サノノミコト)と名づけられたことから。

ちなみに当社より西に1キロ程に有る末社の皇子原神社がご生誕の地といわれる。

初めて訪れた場所なので、

多少の緊張感を持ちながら参道へ進んだ。

挟野神社鳥居
挟野神社鳥居

ひたすらまっすぐな参道。

挟野神社参道
挟野神社参道

杉並木がとても美しい。

挟野杉は慶長4年薩摩藩主島津義弘公が重臣新納武蔵守忠元(にいろむさしのかみただもと)に命じ、当神社別当寺神徳院の住職宥淳法印と協力して植際したものと伝えられている。

杉
挟野杉国の天然記念物に指定されている

立ち姿が凛々しい。

長い参道を歩くと右手に本殿がみえてきた。

挟野神社境内
挟野神社拝所
本殿
挟野神社本殿

緊張感とは裏腹に

気がすごく良い場所で、

気持ちが良い場であった。

この後、温泉へ立ち寄り、帰路へ。

IMG_7925
温泉卵

現在のところ、新燃岳の噴火は治っているようです。

今回の噴火は私に霧島まで来なさいという合図だったのかもしれない。

広告

霧島・高原 Ⅰ

10月11日、霧島の新燃岳が6年ぶりに噴火した。

下の写真は2011年の1月に噴火した時の様子から。

この後、3•11震災がおこる。

2011新燃岳噴火

ここまで大事になっているのか⁉︎

物見遊山ではないけれど、

霧島方面に来いと呼び出されたような気がしたので、

とりあえず車を走らせてみた。

まずは霧島神宮へ

霧島神宮の休憩所にある池

天気のせいか、温泉の色はこんな色だったのかなと思いつつ、境内へ。

霧島神宮

私の立っている足元にパワーを感じた。

特に気が強いところなのかなと思う。

霧島神宮の御神木
霧島神宮の御神木
御神木アップ
御神木アップ

枝の一部が神殿に向けて拝んでいるようにもみえます。

こちらは本殿の奥にある山神社。

山神社

知る人ぞ知るところですが、

こちらも参拝した。

続けて御池へ。

御池
御池

高千穂の峰や新燃岳は見えず、

噴火しているのか確認できなかったけど、噴火はしていたようです。

続く。