6月なので6にまつわる何かの話

今回は何処かの冠婚葬祭業者みたいな話になりそうですが(笑)、関係ないです。

単なる連想ゲームみたいなものとしてみてください。

まずは20年くらい前に遡って。

足しげくCD屋さんに通っていた頃、試聴してこの子をゲット!

img_6720
まだ輸入盤しか出ていなかったけど、この曲が超有名になってしまった。

(日本語で歌っているバージョンもります)

見た目のかわいらしさとクセのある声が同居している感じです。

さて、バンド名にも使われている6ペンスとは⁉︎

イギリスで使用されていた硬貨で、今では結婚式の際、新婦さんの左の靴に忍ばせると幸せになれるそうです。

結婚式で用いられるようになった起源はマザーグーのサムシングフォーの歌らしいですが。。。

ちなみにバンド名sixpence none the richer は、

『ナルニア国物語』の作者としても知られるC・S・ルイスが、その著書『キリスト教の精髄』(“Mere Christianity”)の中で用いた例え話に由来しており、

「小さな子供が、父親の誕生日プレゼントを買うために、父親に6ペンス(シックスペンス)のお金を求める。

父親は子供にお金を与えて、そのプレゼントに喜ぶが、それによって父親が6ペンス分の得をしたわけではない。

これは、キリスト教における神と人との関係を説明するためにルイスが用いた」

例えが由来だそうです。

この例え、どう解釈すればいいのかよくわからない。

さて、話しはがらっと変わり死後直後の世界へ。

同じ6でも六文銭というのは副葬品として死者に持たせるもので、三途の川の渡し賃だそうです。ないと服を脱がされるとか…

六文銭といえば、真田家ですね。

(昨年の大河ドラマの題材は真田丸でした。)

家紋に六文銭を用いていたのは、戦場に於いても死を恐れないという気概を示していたのかもしれない。

では、なぜ六になったのか?

地獄、餓鬼、畜生、阿修羅、人、天の六道輪廻の世界に由来しているからだとも言われます。

ちなみ、他の国にも冥銭はあって、大金を持たせるところもあるそう。
死後の世界ではお金に苦労したくないものです。

かなりこじつけた感ありますが、今日はここまで。

広告

連立方程式

タイトルからして非常に数学的話題に見えるけど、関係あるような関係ないような話です(笑)

生きてると様々な壁や問題にぶち当たるものであって、単純に解決しないこともあります。

幾つかの問題が同時に起こってしまい、それらに対する答えを同時に導かなければならない時とか。

普通なら一つ一つの事柄を解決すればいいのだけど、答えを出すにあたり別の問題が邪魔をする(卵が先かニワトリが先かのような事象)こともありえます。

そんな時は、数学でいう連立方程式を解くみたいな感じで同時に答えを出すことが求められるのであって。

4〜5年前、実際に起こった問題

父親の負債を返済するため、まとまったお金が要る

今まで住んでいた実家(店舗付き住宅)をどうにか改築または処分しなければならない

という事案が同時期に発生してしまいました。

当初は実家の改装も考えていたけど、費用の捻出や生活の実体に合わなくなったきたのもあり、売りに出して売却したお金で返済の費用を捻出する。

という答えを導き出したものでした。

この方法で5年前のピンチをなんとか乗り切ったところです。

これから来年または再来年までに同時に答えを導き出ないとならない事柄が出てきだしているのは間違いないみたいで(おそらく3つのことについて解を求める。具体的内容は控えた方が良いので書けない)、また数式を立てる必要が出てきたなと思う初夏であります。

いろいろある親だけど、今日は父の日が近いので、先程親父に会いに行ってきたところです。

会いに行く途中で見れた桜島。

果たして、私自身父親になる時はくるのだろうか(笑)

ふじとばら

約1年ぶりの更新となります。

書きたいネタがなかったわけではなく、あれやこれやで頭の中の整理がつかない状態が続いていたのでお休みしていました。

さて、復活第1弾のお話は…

加治木まんじゅう、滝、花の香り、バラ、点と線、磯、アルケミストなど思いついたのですが今回は”ふじとばら”で。

今年の春先は今までになく花を見た年になった。

まずは5月初旬、霧島市の和気公園に咲いていた藤まつりより藤の花。

白い藤
藤棚

藤まつりは初めて訪れたのですが、

見栄えもさることながら花の香りが心地よか。

意外と外国からの観光客が多いことに驚き!

続いて、鹿児島市錦江湾公園に咲いていたバラの花。

Rose


バラといえば、the rose

優しくも力強い。

あとは、情熱の薔薇も。

答えは心のずっと奥の方にある。

まだ見えてないけど。