思川橋りょう

今回は鉄道ネタまとめ。

先日、重富のテツロウさん邸を訪れた際に、

姶良市の思川にかかる鉄橋(思川橋りょう)を通りかかった列車も撮ったので撮って出しします。

まずは、佐土原(宮崎)行き電車。この佐土原行きは1日1本です。

JR九州近郊型電車817系
JR九州近郊型電車817系

817系は普通列車では珍しい、本革シートと木を使った座席。

乗ったことはありますが、座り心地は固めなので、まさに近距離向きでしょうね。

(鹿児島県だと、鹿児島中央〜国分、または川内くらいまでなら耐えられるかなぁ)

 

こちらは国分行き気動車。国鉄時代からの生き残り、キハ47 & 140系。

JR九州キハ47 & 140系
JR九州キハ47 & 140系

昔ながらの味のある車両ですね。

乗り心地は線路の状態(保線の状態)によって変わります。

 

こちらは過去の写真になります。

817系4連
817系4連。1日1本、17時前にみられました。

実はこの編成、今となっては貴重なものとなりました。

とういうのは、鹿児島地区において3月のダイヤ改正より列車の編成が大幅に変わったから。

鹿児島中央〜宮崎行き列車のうち、一部が都城で運転系統が分離されたそうで、

415系電車が都城まで運用するようになったせいか、

これまで見られた817系4両編成(2両 1ユニット×2つクロス転換シート車)が415系(4両1ユニット、ロングシート車)に変更。

同時に朝の名物列車、都城発鹿児島中央行き817系6両編成も415系4両編成に変更。

かつては475系6両(3両ユニット×2)、717系6両(2両ユニット×3)という編成もいて見ごたえあったそうです。

最後に、白銀坂から重富駅に信号停車中の783系ハイパーサルーン5両編成。

こちらは1日2本です。

883系ハイパーサルーン。重富駅信号停車中。
783系ハイパーサルーン。重富駅信号停車中。

787系など、抜けている列車もありますが、それらは後日。

個人的には、撮り鉄というより鉄道旅行したい。

いわゆる、乗り鉄・・・ていうやつです。

広告

夕方のおと

今日の夕方の鹿児島市街地。


春先に比べて、

鶯さんの鳴き声がきれいに響いています。

途中、種子島から戻ってきたフェリーの汽笛も聞こえてきます。

うーん、癒されます(^-^)/

カミングアウト

どこかのタイミングでカミングアウトしないととなぁ。。と思いつつも、

肝心なことがなかなかまとまらないのもあり、ずっとためらっていたこと。

「どういうことか?」

というと。

それは、私が

”ADHD(発達障害) × アスペルガー症候群”

ではないかということ。

 

以前からではあるけれど、

「普通の生きかたでは生活できない。すごく生きづらい。」

という感覚を持っている。世の中に適応できないというか。

実生活において、字は汚いながら(笑)文章の書きはできるけど、読みの方は支障をきたすレベル。

見えるけど字を読み飛ばしたり、読み間違いを引きおこしたりする。

会話においても相手が話している内容を理解するのに時間がかかるのはもちろんのこと、

大人数における会議において理解の速度が追いつかないし、

自分が発言できるタイミングを掴むことができない。

会話では私の伝えたいことが伝わらないし。

相手の冗談が全くと言ってもいいほど私には通じない。

 

一体、その原因は何なのだろう?

幼少の頃を振り返ってみる。

「バカなことをしていた。。というよりは、他の人と行動を合わせたくなかった。」

なぜだか幼稚園のお遊戯会で衣装を合わせるのを嫌がっていた記憶はある。

そして、左利きだったので、お箸を持ったり、字を書いたりするのは左手だった。

小学校に入った頃だったと思う。

利き手を右に矯正された。

その頃からか、自分の不器用さを認識するようになった。

体力や芸術的センスはないのもわかっていたので、運動系や技術的ことからは避けていた。

また、リーダー的な目立つようなことも行わなかった。

ただ、記憶力はあったみたいで勉強ができることだけで、

他の不足分を補っていた(または、穴埋めをしていた)。

学校に通っている頃はなんとかそれで過ごせることができた。

場所柄親の夢は”私が公務員になって安定した収入を得る”ことだった。

 

しかしながら社会に出て、稼ぎを得ないと生活できないとなると、

コミュニケーション能力や適応力が試される。

ただ勉強だけできても実生活に対し役に立たない。

(なので、私にとって”頭がいい”とは世間一般的な”頭のいい(勉強ができる)”とは違って、

”適応力ある”という意味で使っています)

精神的な病気なのかなぁと思いつつも、

世間一般的な大人の人生を過ごすのではないなと感じつつも、

時間やお金なんてないのでそのままやり過ごさざるをえない。

 

どうやらここで、私の人生を振り返ってみる時がきた。

(病院にかかった訳ではないけれど、)幼児期から現在までの状況を分析すると、

ADHD発達障害とアスペルガー症候群の2つの症状を患っている可能性を否定することはできない。

(今思うと、両親もこの病気の可能性があったのかもしれない)

このことを肝に据えて、今後の人生を私なりに全うしていきたい。

その前に、生きづらさから解放されたい。

DSC_2516
BLUE

重富 Ⅱ

「いま、限られた条件のなかで一番会ってみたい人は誰なのか?」

「今後の私はどうしようかな?」

と自分の心のなかに問うたところ、出てきた答えはここ。

sakurajima@sigetomi
Sakurajima@Sigetomi

姶良市重富在住の書家テツロウハナサカさんのところへ。

お互いこれまでの人生を振り返ったり、今後にむけて方針を模索したりしたところでした。

前回のCD制作から3年半前になりました。

「しあわせのはな」

 

「ありがとう」

 

「土ある暮らし」

さて、そろそろ次の動きへ突入しようかなぁ。

今すぐどうこうするというわけではないけれど、

下準備というか下ごしらえする期間に入ったのかもしれない。

DSC_2799
自然農

大きな変化の前には大きな苦しみが待っている。

でも、各人には神様がついている。

そして、物事を宇宙からみれるようになりたい。

 

Costa Victoria

今年は海外からのクルーズ客船入港が例年になく多く、86回は入港予定が確定しているそうです。

朝の7:00から8:00頃に入港、出港時間は17:00から22:00頃になることが多いので、

なかなか大型の客船が入港するシーンをタイミングよく見ることができないのですが、先日ようやくみろことができました。

4月29日。マリンポートかごしま(鹿児島港)にて。

イタリア船籍の大型客船”Costa Victoria(75166トン)”が13:00過ぎに近づいてきました。

n
旗を持つ人と入港してくる客船。

初めて見たのですが、岸壁には自動車レースのゴールで見かけるチェッカーフラッグみたいな旗を持った案内人が立っていました。

この旗は”N旗”というらしく、旗の位置と接岸した際、船のブリッジ(船橋、操舵室)の位置になるよう決められるそうです。

(定期船だと岸壁にペンキで印が書かれていることが多いですね)

コスタ・ビクトリア
コスタ・ビクトリア

70000トン超えるだけあって大きい。

このくらいあれば船酔いなんて気にならないのでしょうね(笑)

先頭部
先頭部。ここから係留用のロープが投げられる。
デッキ
デッキと乗船客。リゾートマンションみたいだ。

なんだかリゾートマンションみたいですね。

本船の船籍はイタリアなのですが、デッキ上には中国系を始めとするアジア人観光客が多く乗っていたような感じでした。

接岸後は多くの観光客がバスに乗り込んで行きました。

 

話は変わりますが実は、今年に入り特に感じることがあります。

それは

”鹿児島市の繁華街である天文館界隈において日本語を話す人よりも中国語、英語をはじめとして外国語を聞く機会の方が増えたなぁ。”

ということです。

”鹿児島の街もだいぶ国際化されていくのかなぁと思う一方で、昔ながらの天文館の街の雰囲気とはだいぶ変わっており、地元の人が気軽に遊びに行けるようなスポットが減っているのと、全国展開のお店が増えたのもあって街自体の面白みや活気がなくなっている。”

ことも感じられます。

地方都市が生き残るためはどうしたらいいのだろうか?