嘉例川Ⅱ

先日、霧島神宮に行った時の続きです。

前回訪れたのは、昨年の春(こちらをクリック)

この時は、春先の午前中だったけど、

今回は秋の夕暮れ。

季節的にも時間的にも対極なのをねらったのか、思いついたのがたまたまそうなってしまった。

嘉例川に行きたくなった。

まずは、霧島神宮から霧島温泉街に抜ける途中にある丸尾の滝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

国道223線沿いでも紅葉がすすむ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

坂本龍馬、お龍夫妻が新婚旅行で訪れたという塩浸温泉を過ぎ、いよいよ目的地へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

嘉例川駅肥薩線が観光路線として有名になる前、というより開通時(1903年)からすでに存在しており、駅舎自体は今年て111年ということになる。

嘉例川の3つ先にある大隅横川駅も開業時の佇まいを残しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

話が逸れますが、右上に飛び立つ飛行機。

意外と鹿児島空港の最寄駅なのでもあります。

時間的に「はやとの風」は見れなかったけれど、上下かから普通列車が来そうなので、しばらく待機。

今は1面1線しか使われていないホームだが、かつての鹿児島本線ということもあり、対面の元ホームと同様にホームの長さがかなり長い。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは隼人行きの下り列車が到着。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

祝日とあって、乗降客はいなかった。

平日なら、通学の学生が乗降するのだろう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

夕刻の駅舎内はこんな感じです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

続いて、吉松方面行きの列車到着。

古い駅舎と、国鉄時代の車両が絵になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ななつぼし」とはいわずとも、まとまった時間とちょっとした資金があれば、また鉄旅をしてみたいものです。

機会があれば、昔の旅の記憶(文章)がどこかに残っているはずなので、ブログに残そうかなと思っているところです。

ではまた。

広告

霧島神宮。

2014年11月24日。

久しぶりに超思いつきで鹿児島市内から車を北へ走らせた。

それは、ウン年ぶりに紅葉を観たくなったから。

自然現象を観るためには、本当にタイミングが重要だとういうのはわかっているつもりなので、

ある程度の天気は覚悟して(出発時の天候は曇り、少し寒い。)とにかく走らせた。

予想では霧島方面の紅葉が見頃なはず。

といういうことで、目的地は霧島神宮に決まり。

077606

この写真は、たぶん3〜4年前の霧島神宮にて、フイルムカメラで撮影したもの。

鹿児島住みとはいえ、小さいころは霧島方面は小学校の修学旅行で高千穂登山をしたくらいで、全くと言っていいほど縁がない土地だったけど、ここ何年かで足を踏み入れることが許可されたようなところ。

ここ最近直感的に感じるようになったけど、それだけ神聖なところなのでしょう。間違いない。

さて、まずは入り口から。

IMG_2206

本殿を参拝。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

連休中だけに参拝者の行列ができていた。

ほんとうのすごさはここから。

白ひとぞ知ると言われる、本殿から奥の方にあるとある場所へ私は導かれた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
途中には、高千穂への登山道や緑の中の黄葉も。

いよいよ異空間の地へ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木々の枝の伸び方が独特なのに驚き。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

木製の鳥居を抜け、ご鎮座する御神体。

よくわからぬまま、山神社に吸い込まれた。本当に空気が違う。

我見かもしれないけど、私自身、直感的に場所の良し悪しはわかるつもりで、

決して場所(氣)の悪いところ、には立ち入らない、もしくは、入ったとしても居心地が悪くて

すぐに退散してしまうことがほとんどである。

ここは本殿よりも”氣の流れが良かった”もしくは”良いパワーがある”のは確か。

最後に、神宮内での紅葉の様子を何枚か。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

霧島神宮には1時間近く滞在していましたが、山神社まで足を踏み入れたのは私一人でした。