隼人の浜。

嘉例川を離れた私は、 「はやとの風」に乗り隼人駅へ向かった。 隼人駅で降りると、駅の近くにある隼人塚を眺めながら、ハヤトとクマソの区別がつかめずにやりすごした。 DSC_0123_2

隼人塚を後にした私は海の方へ目指した。 高速道路の高架を過ぎると、干拓地とも干潟ともいえる広い平地がみえてきた。

DSC_0163草地と霧島連山。

高い堤防が連なる海岸線のなか、河口付近に小さな港があった。

漁船とヨット30隻ほど係留されていた。

この港で陽が沈むのを待つことにした。

DSC_0185_2

 

4月も後半になると陽を拝められる時間がだいぶ長くなってきた。 P4254698 ヨットの船底というか舵にあたる部分はマスト同じくらい長い。

DSC_0256

 

ヨットの持ち主と思われる方と話をしてみた。どうやら、この港に停泊しているヨットは南海の荒波を越えていくらしい。

ジャンベの話題もあがった。

DSC_0261

だんだん陽が落ちてきた。

DSC_0263_2

女学生2人が夕日に向かって青春していた。 DSC_0293

 

満月の夕。 陽も落ちたことだし、家路につくことにした。

広告

嘉例川。

一度は行ってみたかったけど、都合によりなかなか行けなかったところに行ってみたくなった。

平日の朝、ひとり電車に乗って鹿児島駅から北へ向かった。

20130527-081532.jpg

途中、隼人駅で乗り換えて目的地へ。

20130527-081750.jpg

列車は山の中を行く。

20130527-081911.jpg

目的地に到着。

20130527-082033.jpg

隼人町嘉例川駅。
2009年に全線開業100周年を迎えた肥薩線のなかにあって、現存する駅舎自体も開業した頃の面影を残している。

週末に来ても良かったのだけど、人ごみを避けたいのもあって、敢えて平日に訪れた。

20130527-083656.jpg

20130527-083717.jpg

20130527-083801.jpg

20130527-083849.jpg

20130527-083924.jpg

20130527-084509.jpg

20130527-084534.jpg

20130527-084605.jpg

何と言っても、駅舎そのものが絵になります。
重厚感と寂れた感がいい。

20130527-084336.jpg

20130527-085215.jpg

食べるところないだろうなと覚悟していたけど、
駅から歩いて10分程のところにお食事処があった。
野菜たっぷりですごく身体に優しかった。

20130527-085106.jpg

昼からは近くの山を歩いてみた。

竹の若々しいこと。

20130527-085409.jpg

実は鹿児島空港からも近いのです。

20130527-085513.jpg

まとまりがなくなってきましたが(笑)、はやとの風にも初乗車。

20130527-085956.jpg
乗り心地よかったです。

次の目的地へ。
続く。

尚、都合により、写真の画質粗くなっています。

ご無沙汰です。

IMG_0619

ご無沙汰しています。前の投稿から1ヶ月以上経ってしまいましたね。

いつのまにか桜は散ってしまい、目覚めに鳴く鶯の声が上手くなっています。

毎年春先になると、なにかかしら書きたくなる衝動があったのですが、

今年の春はいろいろとすることがかぶってしまったこともあり、

ブログを書いているどころではありませんでした。

 

久しぶりにブログ書いてみようとは思っても、どういったことを書こうかネタが浮かばなくなっていて、

 

これじゃいかんなあ。。。

 

たまにはろくに動かない頭を働かせてみようかな。。。

 

それにしても、働かないものは働かないのです(笑)

 

一旦しなくなると、そこから復活させるために必要なエネルギーは相当なものですね。

P3204286